最新記事

日本の医療は世界と比べても水準が高い傾向があります。
それは技術の高さもそうですが、医療費のことも世界と比べて安い傾向があります。
日本が世界の中でもトップクラスに平均寿命が高いのは、こういったことが要因としてあげられるでしょう。
病気になっても保険が効くので、大病にかかっても保険費用から命が助かることがありますが、世界ではそううまくいかない国も少なくないです。
大病にかかってしまったら、医療費が払えないので命を落とすことになるという自体にもなりかねないので、日本以外の国のほうが病気に対して敏感の傾向があります。
ガンなども日本だと案外助かるケースもあるので、ガンに対する恐怖感というのも他国と比較すると高くないでしょう。
しかしガンは医療技術の発達により、昔に比べると怖くない病気になりましたが、油断は未だできない病気です。
つまり、病気に対する恐怖心をなくすことは危険だということで、これからも病気に対する強い意識は持ち続けたほうが良いでしょう。