最新記事

タブレット端末を使うことにより、手術がより専門性を高めることになりました。
実験段階で活用されている医療ですが、世界各地で専門性の高い手術を行うときに、専門性の高い医師に助言を求めることはよくありました。
かつては電話やモニターによるアドバイスが主流でしたが、タブレットにより精密性が増したといえます。
タブレット端末を手術を行う医師と患者の間に設置し、患者の症状や状態を確認しつつ、専門医からのアドバイスを具体的にイラストとして書き込めるようになりました。
これにより、今まで言葉だけでどうしてもわかりづらかった部分や、治療をする時に患者の傷跡だけでなく、専門医のアドバイスにも目を通すことが必要だったため、注意力散漫によるミスを防ぐことにつながります。
専門性の高い医師による具体的なアドバイスを患者の状態を撮影した写真に、直接書き込めるため、手術を行う医師にも伝わりやすく、患者への安全性の高さを誇る医療行為につながるため、大変便利です。